1992年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

< 1992年 | 1992年のスポーツ

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0
1992年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 80 47 3 .630 -
2位 近鉄バファローズ 74 50 6 .597 4.5
3位 オリックス・ブルーウェーブ 61 64 5 .488 18.0
4位 福岡ダイエーホークス 57 72 1 .442 24.0
5位 日本ハムファイターズ 54 73 3 .425 26.0
6位 千葉ロッテマリーンズ 54 74 2 .422 26.5

日本シリーズ

1992年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月17日(土) 第1戦 西武ライオンズ 3-7 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月18日(日) 第2戦 西武ライオンズ 2-0 ヤクルトスワローズ
10月19日(月) 移動日
10月20日(火) 第3戦 雨天中止 西武ライオンズ球場
10月21日(水) ヤクルトスワローズ 1-6 西武ライオンズ
10月22日(木) 第4戦 ヤクルトスワローズ 0-1 西武ライオンズ
10月23日(金) 第5戦 ヤクルトスワローズ 7-6 西武ライオンズ
10月24日(土) 移動日
10月25日(日) 第6戦 西武ライオンズ 7-8 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月26日(月) 第7戦 西武ライオンズ 2-1 ヤクルトスワローズ
優勝:西武ライオンズ(3年連続11回目)

個人タイトル

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 J.ハウエル ヤクルト   石井丈裕 西武  
最優秀新人 久慈照嘉 阪神   高村祐 近鉄  
首位打者 J.ハウエル ヤクルト .338 佐々木誠 ダイエー .322
本塁打王 J.ハウエル ヤクルト 38本 O.デストラーデ 西武 41本
打点王 L.シーツ 大洋 100点 ブーマー.W ダイエー 97点
最多安打 J.パチョレック 阪神 159本 佐々木誠 ダイエー 164本
盗塁王 飯田哲也 ヤクルト 33個 佐々木誠 ダイエー 40個
最高出塁率 T.オマリー 阪神 .460 清原和博 西武 .401
最優秀防御率 盛田幸妃 大洋 2.05 赤堀元之 近鉄 1.80
最多勝利 斎藤雅樹 巨人 17勝 野茂英雄 近鉄 18勝
最多奪三振 仲田幸司 阪神 194個 野茂英雄 近鉄 228個
最高勝率 斎藤雅樹 巨人 .739 石井丈裕 西武 .833
最優秀救援投手 佐々木主浩 大洋 33SP 赤堀元之 近鉄 32SP

ベストナイン

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 斎藤雅樹 巨人 石井丈裕 西武
捕手 古田敦也 ヤクルト 伊東勤 西武
一塁手 J.パチョレック 阪神 清原和博 西武
二塁手 和田豊 阪神 辻発彦 西武
三塁手 J.ハウエル ヤクルト 石毛宏典 西武
遊撃手 池山隆寛 ヤクルト 田辺徳雄 西武
外野手 前田智徳 広島 佐々木誠 ダイエー
飯田哲也 ヤクルト 秋山幸二 西武
L.シーツ 大洋 高橋智 オリックス
指名打者   O.デストラーデ 西武

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

  • 9月1日 - 西武球場での西武対近鉄21回戦で西武が近鉄に22-0で勝利し、パ・リーグ最多得点差[22]
  • 9月2日 - 大洋の長内孝が横浜スタジアムでの対広島23回戦に6番・一塁で先発出場し、プロ通算1000試合出場を達成[23]
  • 9月4日 - ダイエーの門田博光が福岡市内の球団事務所にて記者会見し今季限りで現役引退すると発表[24]
  • 9月11日 - 阪神対ヤクルト19回戦が甲子園球場にて行われ、9回裏阪神の攻撃で二死一塁から八木裕が左翼へライナーを打ち、線審の平光清は本塁打と判定したが、ヤクルト側が打球がフェンスに当たってスタンドに入ったのでエンタイトル二塁打だと抗議。平光はこれを受けいれ本塁打を二塁打へ訂正したが、今度は阪神の監督の中村勝広が抗議し、試合が約37分中断[25]。試合は延長十五回、3-3の引き分けとなり、試合時間はプロ野球史上最長の6時間26分となった[26]
  • 9月12日
    • 巨人の原辰徳が東京ドームでの対広島23回戦の七回裏に2点適時打を打ち、プロ通算1500本安打を達成[27]
    • ヤクルトの西村龍次が甲子園球場での対阪神19回戦に先発し、四回裏に木戸克彦に2号満塁本塁打を打たれ、1シーズン4被満塁本塁打のプロ野球新記録[28]
  • 9月16日 - ヤクルトの角富士夫が神宮球場での対横浜26回戦の七回裏に代打として出場し、プロ通算1500試合出場を達成[29]
  • 9月22日 - ヤクルトの広沢克己が神宮球場での対広島20回戦の四回裏に安打を打ち、プロ通算1000本安打を達成[30]
  • 9月25日 - 巨人の原辰徳が東京ドームでの対中日24回戦の六回裏に27号2点本塁打を打ち、プロ通算350号本塁打を達成[31]
  • 9月27日 - ヤクルトの広沢克己が神宮球場での対阪神23回戦に四番・一塁で先発出場し、プロ通算1000試合出場を達成[32]
  • 9月29日 - 西武のオレステス・デストラーデが東京ドームでの対日本ハム21回戦の九回表に29号本塁打を打ち、通算150号本塁打を達成[33]
  • 9月30日
    • 東京ドームでの日本ハム対西武22回戦で西武が日本ハムに14-5で勝利し、3年連続パ・リーグ優勝達成[34]
    • 【MLB】カンザスシティ・ロイヤルズジョージ・ブレットが対エンゼルス戦の一回に二塁打、二回に安打、五回に安打、七回に安打を打ち、メジャー通算3000本安打を達成[35]

10月

  • 10月1日
    • 平和台球場で最後の日本プロ野球公式戦となるダイエー対近鉄26回戦が行われ、ダイエーが広永益隆の本塁打で1-0で近鉄に勝利[36]
    • 広島市民球場での広島対ヤクルト25回戦は広島が延長13回裏8-7でサヨナラ勝利。試合時間6時間1分は史上2度目6時間台試合[37]
  • 10月3日 - ジュニア日本選手権川崎球場で行われ巨人が中日に延長10回3-2でサヨナラ勝ちし2年連続ジュニア日本一を達成[38]
  • 10月8日 - 巨人の監督の藤田元司が読売新聞本社を訪れ最高経営会議メンバーに今季の報告を行い、任期切れによる退任が決定。元監督の長島茂雄が球団に監督就任の意思を伝える[39]
  • 10月10日
    • 甲子園球場での阪神対ヤクルト25回戦でヤクルトが5-2で勝利し、14年ぶり2度目のセ・リーグ優勝達成[40]
    • ダイエーは山内孝徳水上善雄が今季限りで現役引退すると発表[41]
  • 10月11日 - セ・リーグのシーズン公式戦の全日程が終了[42]
  • 10月12日 - 巨人の監督の藤田元司が勇退。後任に長嶋茂雄が就任することを発表[43]
  • 10月13日 - パ・リーグのシーズン公式戦の全日程が終了[44]
  • 10月14日
    • 大洋は横浜市内のホテルで記者会見し、新監督に近藤昭仁が就任したと正式に発表[45]
    • 近鉄は鈴木啓示が新監督に就任したと正式に発表[45]
  • 10月19日
    • 沢村賞の選考が沢村賞選考委員会によって都内のホテルで行われ、西武の石井丈裕を選出[46]
    • 日本ハムの監督の土橋正幸が港区の球団事務所にて今季限りでの辞任を正式に表明[47]
    • 阪神の高橋慶彦が今季限りでの現役引退を発表[48]
  • 10月24日 - 【MLB】ワールドシリーズ第6戦がアトランタで行われ、トロント・ブルージェイズがアトランタ・ブレーブスに延長11回4-3で勝ち球団創設初のワールドチャンピオンとなった。米国以外のチームが世界一になったのはシリーズ史上初[49]
  • 10月26日 - 1992年の日本シリーズの第7戦が神宮球場で行われ、西武がヤクルトに延長10回2-1で勝利し、4勝3敗で日本一。MVPは西武の石井丈裕[50]
  • 10月27日
    • 中日の宇野勝長嶋清幸とロッテの横田真之今野隆裕の交換トレードが成立したと中日、ロッテ両球団が発表[51]
    • 巨人は練習や試合中での大怪我が原因で現役を引退した選手を対象にした「公傷年金制度」を設けたと発表[52]
  • 10月28日
    • プロ野球1992年度の最優秀選手、新人王、ベストナインの記者投票の結果が発表され、最優秀選手にセ・リーグはヤクルトのジャック・ハウエル、パ・リーグは西武の石井丈裕、最優秀新人にセは阪神の久慈照嘉、パは近鉄の高村祐を選出[53]
    • 正力松太郎賞の選考委員会が開かれ、西武の石井丈裕を選出[54]
  • 10月29日
    • 日本ハムは役員会を開き、球団常務取締役の大沢啓二を来季の監督に就任することを承認[55]
    • ヤクルトは新浦寿夫の今季限りでの現役引退を了承[56]

11月

  • 11月12日 - 横浜大洋ホエールズが球団名を「横浜ベイスターズ」に改称[5]

12月

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i 『中日ドラゴンズ70年史』 中日ドラゴンズ 編、中日新聞社2006年、172頁。ISBN 4806205141
  2. ^ 記録メモ(チーム・その他編) Archived 2014年02月13日, at the Wayback Machine.パ・リーグ公式サイト
  3. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社2014年5月26日、 97頁。
  4. ^ a b c d 球団の歩み 1990年代”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト. 2015年12月29日閲覧。
  5. ^ a b c d 『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年[要ページ番号]ISBN 9784583616179
  6. ^ ベースボールマガジン』、ベースボール・マガジン社、2012年11月、 72頁。
  7. ^ パシフィック・リーグ略史(1949年~2000年) Archived 2014年02月16日, at the Wayback Machine.パ・リーグ公式サイト
  8. ^ 【6月14日】1992年(平4) 同じ相手同じ球場同じ時間 大記録でやり返した湯舟敏郎”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2009年6月14日). 2015年12月29日閲覧。
  9. ^ 毎日新聞1992年7月9日25面「近鉄・新井が2000本安打 26人目 『不惑』の職人芸」毎日新聞縮刷版1992年7月p353
  10. ^ 【7月8日】1992年(平4) 脇役が主役になった日 新井宏昌「こういうの困るんだよ」”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2009年7月8日). 2015年12月29日閲覧。
  11. ^ 読売新聞1992年7月11日19面「プロ野球ワーストタイを5回で2つも 野茂 四球地獄 『一試合最多14+5者連続』」読売新聞縮刷版1992年7月p525
  12. ^ 毎日新聞1992年7月13日21面「愛甲連続出場記録ストップ」毎日新聞縮刷版1992年7月p515
  13. ^ 読売新聞1992年7月17日21面「北別府、円熟200勝 17年、480試合、22人目 10勝も一番乗り」読売新聞縮刷版1992年7月p839
  14. ^ 【7月16日】1992年(平4) 20世紀最後の金字塔 北別府学 広島初の200勝達成”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2009年7月15日). 2015年12月29日閲覧。
  15. ^ 【7月18日】1992年(平4)史上初!夢の球宴で夢の3連続本塁打!MVPは石井浩郎”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2009年7月16日). 2015年12月29日閲覧。
  16. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、573頁。ISBN 4062061082
  17. ^ 読売新聞1992年8月3日19面「西武・鹿取が100セーブ」読売新聞縮刷版1992年8月p109
  18. ^ >読売新聞1992年8月6日18面「ヤクルトの角盈が600試合登板」読売新聞縮刷版1992年8月p264
  19. ^ >読売新聞1992年8月6日19面「日本ハムが10試合2ケタ安打のリーグタイ」読売新聞縮刷版1992年8月p265
  20. ^ >読売新聞1992年8月17日夕刊16面「松井無念 5連続敬遠 星稜、1点差に涙のむ」読売新聞縮刷版1992年8月p762
  21. ^ >読売新聞1992年8月21日21面「巨人・篠塚が1500試合出場」読売新聞縮刷版1992年8月p947
  22. ^ 読売新聞1992年9月2日19面「22点差はパ・リーグ最多」読売新聞縮刷版1992年9月p71
  23. ^ 読売新聞1992年9月3日19面「大洋・長内が1000試合出場」読売新聞縮刷版1992年9月p127
  24. ^ 読売新聞1992年9月5日19面「"求道の球歴"門田引退 現役最長の44年 奇跡の回復40歳2冠」読売新聞縮刷版1992年9月p227
  25. ^ 読売新聞1992年9月12日19面「サヨナラ弾が一転二塁打 審判ミス37分中断」読売新聞縮刷版1992年9月p589
  26. ^ 読売新聞1992年9月12日19面「阪神―ヤクルト 二日がかりの首位攻防 お疲れ最長6時間26分」読売新聞縮刷版1992年9月p601
  27. ^ 読売新聞1992年9月13日18面「巨人・原辰が1500安打」読売新聞縮刷版1992年p636
  28. ^ 読売新聞1992年9月13日19面「ヤクルト・西村がシーズン満塁被本塁打4の新記録」読売新聞縮刷版1992年9月p637
  29. ^ 読売新聞1992年9月17日19面「ヤクルト・角が1500試合出場」読売新聞縮刷版1992年p811
  30. ^ 読売新聞1992年9月23日19面「ヤクルト・広沢が1000本安打」読売新聞縮刷版1992年9月p1107
  31. ^ 読売新聞1992年9月26日19面「巨人逃げ切り3連勝 原、技あり350号」読売新聞縮刷版1992年9月p1215
  32. ^ 読売新聞1992年9月28日23面「ヤクルト・広沢が1000試合出場」読売新聞縮刷版1992年9月p1301
  33. ^ 読売新聞1992年9月30日21面「西武・デストラーデが150号」読売新聞縮刷版1992年9月p1415
  34. ^ 読売新聞1992年10月1日1面「西武3連覇 パ・リーグ」読売新聞縮刷版1992年10月p1
  35. ^ 読売新聞1992年10月2日18面「ブレット(ロイヤルズ)が3000本安打 肩痛を克服 史上18人目」読売新聞縮刷版1992年10月p66
  36. ^ 読売新聞1992年10月2日19面「平和台、名勝負の43年に幕」読売新聞縮刷版1992年10月p67
  37. ^ 読売新聞1992年10月2日19面「史上2度目の6時間試合」読売新聞縮刷版1992年10月p67
  38. ^ 読売新聞1992年10月4日19面「平巨人、サヨナラで2連覇 ジュニア日本選手権」読売新聞縮刷版1992年10月p163
  39. ^ 読売新聞1992年10月9日1面「長島・巨人監督が内定 12年ぶりの復帰 藤田監督は勇退が決まる」読売新聞縮刷版1992年10月p401
  40. ^ 読売新聞1992年10月11日1面「ヤクルト 14年ぶりV 130試合目で『混セ』に決着」読売新聞縮刷版1992年10月p485
  41. ^ 読売新聞1992年10月11日23面「ダイエーの山内と水上が引退」読売新聞縮刷版1992年10月p507
  42. ^ 読売新聞1992年10月12日夕刊18面「セ全日程終了 ハウエル2冠 阪神、最終戦勝ち2位確保」読売新聞縮刷版1992年10月p542
  43. ^ 巨人軍年表”. 読売巨人軍公式サイト. 2015年12月29日閲覧。
  44. ^ 読売新聞1992年10月14日19面「パも全日程終了 野茂最多勝飾る18勝 D砲3年連続本塁打王」読売新聞縮刷版1992年10月p623
  45. ^ a b 読売新聞1992年10月15日21面「"古巣"強化へ全力 近鉄・鈴木、大洋・近藤監督が就任」読売新聞縮刷版1992年10月p677
  46. ^ 読売新聞1992年10月15日21面「決戦前にエースの勲章 沢村賞に石井(西武)」読売新聞縮刷版1992年10月p945
  47. ^ 読売新聞1992年10月15日21面「不振で引責 土橋監督辞任会見」読売新聞縮刷版1992年10月p945
  48. ^ 読売新聞1992年10月15日21面「阪神・高橋が現役を引退」読売新聞縮刷版1992年10月p945
  49. ^ 読売新聞1992年10月26日23面「ブルージェイズ優勝 カナダチーム初の"頂点" ボーダースMVP」読売新聞縮刷版1992年10月p1245
  50. ^ 読売新聞1992年10月27日1面「西武が三連覇 熱闘日本シリーズ」読売新聞縮刷版1992年10月p1289
  51. ^ 読売新聞1992年10月28日21面「宇野、ロッテに移籍 2対2トレード」読売新聞縮刷版1992年10月p1361
  52. ^ 読売新聞1992年10月28日21面「巨人がプロ初『公傷年金制度』」読売新聞縮刷版1992年10月p1361
  53. ^ 読売新聞1992年10月29日21面「投手で2人目 正力賞満場一致」読売新聞縮刷版1992年10月p1413
  54. ^ 読売新聞1992年10月29日21面「石井MVP.正力賞 『セ』はハウエル逆転 古田破る 新人王に久慈、高村」読売新聞縮刷版1992年10月p1413
  55. ^ 読売新聞1992年10月30日19面「大沢監督、正式決定」読売新聞縮刷版1992年10月p1463
  56. ^ 読売新聞1992年10月30日19面「新浦が引退」読売新聞縮刷版1992年10月p1463