第6世代ジェット戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第6世代ジェット戦闘機: sixth-generation jet fighter)は戦闘機の概念的な分類の1つである。アメリカ合衆国で現在運用中で、他国で開発中の第5世代ジェット戦闘機よりもさらに先進的な設計とされる。アメリカ空軍アメリカ海軍では2025年から2030年に最初の第6世代戦闘機が登場すると想定する[1]。 アメリカ空軍はF-22 ラプターを代替する目的で第6世代戦闘機のF-Xを開発し、アメリカ海軍は既存のF/A-18E/F スーパーホーネットF/A-XXと呼ばれる計画で代替する事を想定する[2]

歴史

2012年10月10日に国防長官の下で取得、技術、補給 Frank Kendalは計画の開始を正当化した[3]

2013年4月に国防高等研究計画局は空軍と海軍の橋渡しをする概念の調査を開始した[4]

国防総省は2015年の予算要求で2018年の取得計画を先導するための調査の予算を請求した[5]

Frank Kendalは2016年度の会計予算で第6世代戦闘機の最初の予算が要求されるであろう事を明らかにした。次世代戦闘機の努力は当初はDARPAの下で試作Xプレーンを開発するために"航空支配イニシアティブ"によって主導される。機関と同様に産業界でも初期の数年にわたる潜在的な第6世代技術の調査が開始された事が知られている。Kendallは海軍と空軍は互いに任務の要求に主眼を置いた派生型を持っている事を確認した[6]

設計概念

第6世代戦闘機は長航続距離と高性能を目的としてAdaptive Versatile Engine Technologyのような先進的なエンジンを採用する事が予想される。リスクを低減するために2012年にエンジン開発は2020年頃に開始可能であると見られる。エンジンは2028年に海軍に導入開始で、空軍には2032年に導入開始予定である[7]

空軍のMike Hostage将軍は第6世代戦闘機を決定する為の特徴は未定であると述べた[8]

2013年11月、空軍研究所は2030年以降の次世代制空戦闘機に搭載可能なレーザー兵器の要求情報 (PFI) を公開した。

空軍は3分野のレーザーに関心を示す:照射、追跡、目標捕捉と敵のセンサーの無力化のための低出力;接近するミサイルから防御のための中出力;と敵の航空機や地上の標的を破壊するための高出力である。レーザーは、システム制御は海面からの高度65,000 ftで、速度はマッハ 0.6 からマッハ 2.5で作動する。

2015年4月には、戦略予算評価センター (CSBA) は、次世代のアメリカ空軍の戦闘機は従来の小型で機動性の優れた戦闘機よりも大きく、より爆撃機に似ていなければならないと結論付ける報告書を発表した。 1965年以来、1,450回以上の空対空戦闘の分析の結果、長距離兵器やセンサーによって劇的に格闘戦の機会が減少していることが判明した。電子機器と赤外線センサーと高速兵器を使用して強化された防空システムにより、小型、高速、かつ機動性に依存する従来の設計は連携が少なく、迎撃が容易かもしれない。その結果、CSBAは検出または追跡される前に任務を完了するために大幅に強化されたセンサー、熱紋制御、ネットワーク接続状況認識、および超長距離兵器に依存する有意に大型戦闘機の構築を示唆している。 大型航空機は、航続距離が長く、戦闘地域に長時間駐留することが可能で大型レーダーや赤外線検出機能を備え、大型で長射程のミサイルを運ぶ事が出来ると予想される。一つの機体は複数の役割を満たすために、様々なアタッチメントを取り付けることができる。

少数の大陸間の飛行能力を備えた重武装の軍用機はそれ自体が長距離打撃爆撃機の開発に繋がる[9]

また、人工知能等による戦闘機の完全無人自律制御を可能にするシステムの搭載も挙げられている。[10]

実例

2011年9月、 ボーイング社はアメリカ海軍と空軍のための第6世代戦闘機の概念を発表した。 これは、超音速巡航を備え、F-35ライトニングIIよりもさらに高速での飛行を予定している。 設計準備のために公式に戦闘機の計画が開始されるまでボーイング社は自己資金で計画を進める[11]

ロッキード・マーティンスカンクワークス部門は2030年以降の次世代の戦闘機の概念設計のための新型格闘航空機の野心的な長期間の技術戦略のヒントを与えた。概念は報道陣に向けて配布された2012年の日程表で公表された。ロッキード・マーティンはより高速、長航続距離、ステルス性と自己回復構造を主張する[12]

アメリカのベンチャー企業STAVATTI AEROSPACEは、自社が計画していたSM-36を第6世代ジェット戦闘機であるとしていたが[13]、SM-36の開発計画はその後中止されている。

アメリカ以外での計画例

2010年に日本防衛省は第6世代国産ジェット戦闘機のコンセプトモデルi3 FIGHTER」を披露した[14]

2013年8月26日に、ロシアは第6世代ジェット戦闘機の開発を提案する見通しである事を明らかにした。 彼らは、航空機は無人機になる可能性が最も高いと述べた。しかし、彼らはSu-57のような第5世代ジェット戦闘機の開発計画の完了を省略しないと予想される[15]

フランスは、独自の第5世代ジェット戦闘機を開発しようとする試みを放棄し、直接第6世代戦闘機の開発に資源を移した[16]

2014年7月29日に「IHSジェーンズ」は、アメリカ議会下院の国防特別委員会が2014年7月下旬にイギリスの将来の「2030以降の戦闘航空戦力構造」関する報告書を公表したことを報告した。報告書は、2030年以降にイギリスが潜在的にユーロファイター タイフーンに代わる次世代戦闘機計画に関与する可能性を強調した[17]

関連項目

出典

  1. ^ “The Sixth Generation Fighter”, Airforce Magazine, (October 2009), http://www.airforce-magazine.com/MagazineArchive/Pages/2009/October%202009/1009fighter.aspx .
  2. ^ (English) Boeing's fighting comeback, Flight global, (12 July 2011), http://web.archive.org/web/20150114100601/http://www.flightglobal.com/news/articles/boeing39s-fighting-comeback-359258/ 
  3. ^ Maloof, F Michael (3 November 2012), “U.S. looking to new generation fighter” (English), WND, http://www.wnd.com/2012/11/u-s-looking-to-new-generation-fighter/ .
  4. ^ Majumdar, Dave (2013年4月24日). “DARPA working on sixth-generation fighter study” (English). Flight International. Reed Business Information. 2013年4月25日閲覧。
  5. ^ Air Force Sets Plan To Launch Sixth-Gen Fighter Program In 2018”. Inside defense. Inside Washington Publishers (2014年3月12日). 2014年3月12日閲覧。
  6. ^ New Budget Will Feature 6th Gen Fighter - Defensenews.com, 28 January 2015
  7. ^ Graham Warwick (17 September 2012), “6th Gen Engines – Pratt In, Rolls Out, GE Stays On” (English), Aviation week, http://aviationweek.com/blog/6th-gen-engines-pratt-rolls-out-ge-stays .
  8. ^ “ACC chief hints at 6th gen fighter” (English). Air force Times. (2012年11月30日). http://www.airforcetimes.com/news/2012/11/dn-air-combat-command-hints-6th-gen-fighter-113012/ .
  9. ^ COLIN CLARK (2015年4月8日). “Should Future Fighter Be Like A Bomber? Groundbreaking CSBA Study” (English). Breaking Defense (Breaking Media). http://breakingdefense.com/2015/04/should-future-fighter-be-like-a-bomber-groundbreaking-csba-study/. 
  10. ^ Navy's Next Fighter Likely to Feature Artificial Intelligence” (英語). USNI News (2014年8月28日). 2018年12月15日閲覧。
  11. ^ “Boeing’s Sixth-Gen Fighter” (English). Defense tech. (2011年9月20日). http://defensetech.org/2011/09/20/boeings-sixth-gen-fighter/ .
  12. ^ Trimble, Stephen (4 January 2012), “Lockheed reveals bold technology plans with 6th-gen fighter concept”, Flight International (Flight global), http://www.flightglobal.com/news/articles/lockheed-reveals-bold-technology-plans-with-6th-gen-fighter-concept-366533/, "Russian, Chinese and Indian designs are predicted to follow on from their fifth generation fighters to provide competition to American jets. These are expected to enter service between the 2030–2050 timeframe as well." 
  13. ^ F-26 STALMA Multi-role Fighter Overview (ウェブアーカイブ)”. STAVATTI. 2015年7月21日閲覧。
  14. ^ 将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン (PDF)”. 防衛省 (2010年8月25日). 2015年7月18日閲覧。.
  15. ^ “Russia Developing Unmanned Next-Generation Fighter” (English). Ria (RU). (2013年8月26日). http://en.ria.ru/military_news/20130826/182971084/Russia-Developing-Unmanned-Next-Generation-Fighter---General.html .
  16. ^ “6th-gen Chinese fighter before 2030 highly unlikely says Russian analyst” (English). Want China times. (2012年12月17日). http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20121217000123&cid=1101 .
  17. ^ “UK sets out post 2030 combat aviation force structure” (English). Jane’s (IHS). (2014年7月29日). http://www.janes.com/article/41309/uk-sets-out-post-2030-combat-aviation-force-structure .