小坂鉱山事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小坂鉱山事務所
Kosaka Mine Office 20180916c.jpg
小坂鉱山事務所の位置(秋田県内)
小坂鉱山事務所
情報
管理運営 小坂町観光産業課
構造形式 木造(一部RC造)
建築面積 1,220.41m2
延床面積 2,595.71m2
階数 地上3階
高さ 15.965m
竣工 1905年(明治38年)7月
改築 2001年(平成13年)4月現在地に移築・復元
所在地 017-0202
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
座標 北緯40度19分42.4秒 東経140度44分39.7秒 / 北緯40.328444度 東経140.744361度 / 40.328444; 140.744361座標: 北緯40度19分42.4秒 東経140度44分39.7秒 / 北緯40.328444度 東経140.744361度 / 40.328444; 140.744361
文化財指定 重要文化財
指定日 2002年(平成14年)5月23日
備考 文化財としての登録名は旧小坂鉱山事務所
テンプレートを表示
旧小坂鉱山病院記念棟

小坂鉱山事務所(こさかこうざんじむしょ)は、秋田県鹿角郡小坂町にある建築物

概要

1905年小坂鉱山の事務所として建設。ルネサンス様式の外観を残す建物は、1997年まで事務所として使われていたが小坂製錬の工場増築に伴い解体され、建物は小坂町に無償譲渡された。

2001年、小坂町の明治百年通り構想により、旧小坂鉱山病院跡地に移転復元され、新たに観光施設として生まれ変わった。移転するに当たっては、完成当時の状態を再現するため、壁面はモルタルから白い漆喰に変更、屋根もトタンからバルコニーは完成当時の杉板ぶきに、それ以外は耐久性から銅板ぶきに変更した。ランプなどの室内の小物に関しても当時の設計図を元に作り直した。2002年には康楽館とともに国の重要文化財に指定されている。

中にはアミューズメントアトラクションやレストラン藤田倶楽部、土産店、着物スタジオがある。

当地には、1908年にルネサンス様式の小坂鉱山病院が建設されたが、1949年の火災により建物が焼失。その後も小坂鉱山病院は引き続き当地で診療を続けていたが、1997年に閉院し建物も解体された。創建当時の遺構として、敷地内には霊安室のあった建物だけが「旧小坂鉱山病院記念棟」として保存されている。

入館料・開館時間等

  • 開館時間
    • 9:00-17:00
  • 入館料
    • 一般・高校生 300円(20名以上団体 240円)
    • 小・中学生 150円(20名以上団体 120円)
  • 康楽館・鉱山事務所・郷土館3館共通券
    • 康楽館常設公演と3館施設見学
      • 一般・高校生 2200円(20名以上団体 1940円)
      • 小・中学生 1050円(20名以上団体 940円)
    • 3館施設見学
      • 一般・高校生 900円(20名以上団体 760円)
      • 小・中学生 400円(20名以上団体 350円)

ギャラリー

付近の施設

  • 小坂町国際交流広場
  • 康楽館
  • 小坂マリア園天使館

外部リンク