秋山美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 美紀 (あきやま みき)は、日本社会医学系研究者慶應義塾大学環境情報学部教授。同医学部兼担教授(衛生学公衆衛生学教室)。慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科委員。同政策・メディア研究科委員。慶應義塾大学先端生命科学研究所「からだ館」プロジェクトリーダー。学位は博士(医学)と博士(政策・メディア)。専門分野はコミュニティヘルス、ヘルス・コミュニケーション。元仙台放送報道局。兵庫県出身。

略歴

著作

単著

  • 『地域医療におけるコミュニケーションと情報技術』(慶應義塾大学出版会, 2008年)
  • 『コミュニティヘルスのある社会へ ― 「つながり」が生み出す「いのち」の輪 ― 』(岩波書店, 2013年)

共著

  • 『デジタルID革命』(日本経済新聞社, 2004年, 分担執筆)
  • 『人が元気に 地域が元気に―地域情報化がもたらす効果とは』(日本経済新聞社, 2007年, 分担執筆)
  • 『地域医療を守れ』(岩波書店, 2008年,平井愛山と共著)
  • 『MBAの医療・介護経営』(医学書院, 2009年, 分担執筆)
  • 『会社と社会を幸せにする健康経営』(勁草書房, 2010年, 分担執筆)
  • 『創発経営のプラットフォーム』(日本経済新聞社, 2011年, 分担執筆)
  • 『日本最悪のシナリオ 9つの死角』(新潮社, 2013年, 分担執筆)
  • 『価値創造の健康情報プラットフォーム』(秋山美紀・村井純(編著)中澤仁、當仲香、内山映子、本田由香(著)慶應義塾大学出版会、2016年)

論文

  • Akiyama M. “Information-sharing systems and inter-organizational power:  implementation of an electronic patient record system for regional cooperation”. Proceedings of 8th Pacific Asia Conference on Information Systems 2004; 209-22.
  • Abraham C, Nishihara E, Akiyama M. “Transforming healthcare with information technology in Japan: a review of policy, people, and progress”, International Journal of Medical Informatics. 2011 Mar; 80(3):157-70.
  • Hirai K, Kudo T, Akiyama M, Matoba M, Shiozaki M, Yamaki T, Yamagishi A, Miyashita M, Morita T, Eguchi K. “Public awareness, knowledge of availability, and readiness for cancer palliative care services: A population based survey across four regions in Japan”, Journal of Palliative Medicine. 2011 Aug; 14(8):918-22.
  • Akiyama M, Takebayashi T, Morita T, Miyashita M, Hirai K, Matoba M, Akizuki, N, Shirahige Y, Yamagishi A, Eguchi K. “What patients in the advanced stages of cancer know and believe about palliative and home care: a nationwide survey in Japan”, Supportive Care Cancer. 2012 May; 20(5):923-31.
  • Akiyama M, Hirai K, Takebayashi T, Morita T, Miyashita M, Takeuchi A, Yamagishi A, Kinoshita H, Shirahige Y, and Eguchi K. “The effects of community-wide dissemination of information on perceptions of palliative care, knowledge about opioids, and sense of security among cancer patients, their families, and the general public”, Supportive Care Cancer. 2016 Jan; 24(1):347-56.
  • Akiyama M, Yoo BK, "A Systematic Review of the Economic Evaluation of Telemedicine in Japan", J Prev Med Public Health. 2016 Jul;49(4):183-96.
  • Akiyama M, Abraham C, "Comparative cost-benefit analysis of tele-homecare for community-dwelling elderly in Japan: Non-Government versus Government Supported Funding Models", International Journal of Medical Informatics. 2017 Aug;104:1-9.

ほか多数

注釈・出典

  1. ^ a b 博士論文書誌データベース

外部リンク