ケフェウス座RW星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケフェウス座RW星
RW Cephei
星座 ケフェウス座
視等級 (V) 6.0 - 7.3[1]
変光星型 SRD[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 22h 23m 07.0152079533s[3]
赤緯 (Dec, δ) +55° 57′ 47.616196874″[3]
視線速度 (Rv) -56.0 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: -3.616 ミリ秒/[3]
赤緯: -2.349 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 0.2357 ± 0.0944ミリ秒[3]
(誤差40.1%)
Cepheus constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
ケフェウス座RW星の位置(丸印)
物理的性質
半径 1,500 R[4][注 1]
質量 13.9 M[5]
スペクトル分類 K2 0-Ia[6]
光度 4 ×105 L[注 2]
表面温度 3,749 K[7]
色指数 (B-V) 2.22[8]
年齢 1.87 ± 1.02 ×107[5]
別名称
別名称
BD+55 2737, HD 212466, HIP 110504, IRC +60353, SAO 34387[3]
Template (ノート 解説) ■Project

ケフェウス座RW星(ケフェウスざRWせい、RW Cephei、RW Cep)は、ケフェウス座の方角にある極超巨星である。HII領域Sh2-132の縁に位置し、見かけ上すぐ近くに小さな散開星団Berkley 94がある[9]

特徴

ケフェウス座RW星は、既知の恒星で特に直径の大きいものの1つとされ、直径太陽のおよそ1,500倍と推定される[4][注 1]。これが合っているとすれば、太陽系では木星の軌道を超えるくらい大きい。

変光

ケフェウス座RW星は、SRD型の半規則型変光星でもあり、ゆっくりと変光している[2]変光星であることは、リーヴィットが発見したとされる[10][11]。変光範囲は6.0等から7.3等の間で、変光星総合カタログ(GCVS)では8.6等から10.7等と記載されているが、これは写真等級によるものである[1][2]。変光周期は、GCVSでは346日とされているが、この周期については求めたペイン=ガポーシュキン自身が疑わしいともしており、その後の研究では概ね400日くらいとされ、近年の周期解析では726日という結果が報告されている[11][12][13]

分光

ケフェウス座RW星のスペクトル型は、G8からM2まで報告されているが、その間を変化しているのかどうか、詳細は明らかになっていない[14]。MK分類においては、初期にはM0: Iaに分類されていた[15]。その後、改訂された超巨星分のMK分類の標準星では、G8 Ia型として記載され、MK分類の妥当性が再検証された際の標準星一覧では、K0 0-Ia型に分類された[16][17]。最新の改訂では、K2 0-Ia型に修正されている[6]可視光スペクトルには、M型星に特徴的な酸化チタンの強い吸収帯がみられないことから、M型よりもG8やK型とする方が妥当と考えられる[18]。ケフェウス座RW星のスペクトル線は、同種の恒星よりもかなり強く、色から推定した有効温度は3,700K程度なのに対し、スペクトル線まで細かく理論計算と観測をすり合わせた推定では約5,000Kと差が大きくなっている[7]。温度が一意に決まらず、赤色超巨星黄色極超巨星との間にあることから、ケフェウス座RW星は赤色極超巨星と呼ばれることもあれば、黄色極超巨星と呼ばれることもある[9][19]

距離

ケフェウス座RW星は、ケフェウス座OB1アソシエーションの一員である可能性が指摘されており、そうであるとすれば太陽系からの距離は、約3.5kpc(およそ1万1000光年)となる[8]。その後、ヒッパルコス衛星による観測では、ケフェウス座RW星はもっとずっと近いと考えられたため、アソシエーションに属していないことも検討されたが、ガイア衛星による観測では、ケフェウス座OB1の一員として矛盾のない結果が出ている[18][3]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 出典の視直径3.3ミリ秒と、ガイアの観測データによる年周視差から計算。ここで、ケフェウス座OB1アソシエーションまでの距離3.5kpcを仮定したとすれば、およそ1,200 Rとなる。
  2. ^ シュテファン=ボルツマンの法則に基づき、半径と温度から計算。

出典

  1. ^ a b VSX : Detail for RW Cep”. AAVSO (2011年8月8日). 2018年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c Samus, N. N.; et al. (2009-01), “General Catalogue of Variable Stars”, VizieR On-line Data Catalog: B/gcvs, Bibcode 2009yCat....102025S 
  3. ^ a b c d e f g h RW Cep -- Red supergiant star”. SIMBAD. CDS. 2018年9月5日閲覧。
  4. ^ a b Pasinetti Fracassini, L. E.; et al. (2001-), “Catalogue of Apparent Diameters and Absolute Radii of Stars (CADARS) - Third edition - Comments and statistics”, Astronomy & Astrophysics 367: 521-524, Bibcode 2001A&A...367..521P, doi:10.1051/0004-6361:20000451 
  5. ^ a b Tetzlaff, N.; Neuhäuser, R.; Hohle, M. M. (2011-01), “A catalogue of young runaway Hipparcos stars within 3 kpc from the Sun”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 410: 190-200, arXiv:1007.4883, Bibcode 2011MNRAS.410..190T, doi:10.1111/j.1365-2966.2010.17434.x 
  6. ^ a b “Revised MK spectral types for G, K, and M stars”, Astrophysical Journal Supplement Series 42: 541-563, (1980-04), Bibcode 1980ApJS...42..541K, doi:10.1086/190662 
  7. ^ a b Meneses-Goytia, S.; et al. (2015-10), “Single stellar populations in the near-infrared. I. Preparation of the IRTF spectral stellar library”, Astronomy & Astrophysics 582: A96, Bibcode 2015A&A...582A..96M, doi:10.1051/0004-6361/201423837 
  8. ^ a b Humphreys, Roberta M. (1978-12), “Studies of luminous stars in nearby galaxies. I. Supergiants and O stars in the Milky Way”, Astrophysical Journal Supplement Series 38: 309-350, Bibcode 1978ApJS...38..309H, doi:10.1086/190559 
  9. ^ a b Delgado, A. J.; et al. (2013-10), “Berkeley 94 and Berkeley 96: two young clusters with different dynamical evolution”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 435 (1): 429-439, Bibcode 2013MNRAS.435..429D, doi:10.1093/mnras/stt1311 
  10. ^ Leavitt, Henrietta S.; Pickering, Edward C. (1907-07-13), “71 New Variable Stars in Harvard Maps Nos. 9, 12, 21, 48, and 51”, Harvard College Observatory Circular 130: 1-4, Bibcode 1907HarCi.130....1L 
  11. ^ a b Payne-Gaposchkin, Cecilia (1952), “Variable stars in Milton field 9”, Annals of Harvard College Observatory 118: 147-154, Bibcode 1952AnHar.118..147P 
  12. ^ Percy, John R.; Kolin, David L. (2000-08), “Studies of Yellow Semiregular (SRd) Variables”, Journal of the American Association of Variable Star Observers 28 (1): 1-9, Bibcode 2000JAVSO..28....1P 
  13. ^ Chinarova, L. L.; Andronov, I. L. (2000-12), “Catalogue of Main Characteristics of Pulsations of 173 Semi-Regular Stars”, Odessa Astronomical Publications 13: 116-176, Bibcode 2000OAP....13..116C 
  14. ^ Skiff, B. A. (2010-11), “Catalogue of Stellar Spectral Classifications”, VizieR On-line Data Catalog: B/mk, Bibcode 2010yCat....102023S 
  15. ^ Morgan, William Wilson; Keenan, Philip Childs; Kellman, Edith (1943), An atlas of stellar spectra, with an outline of spectral classification, Chicago, IL: University of Chicago press, Bibcode 1943assw.book.....M 
  16. ^ Morgan, W. W.; Roman, Nancy G. (1950-11), “Revised Standards for Supergiants on the System of the Yerkes Spectral Atlas”, Astrophysical Journal 112: 362-364, Bibcode 1950ApJ...112..362M, doi:10.1086/145351 
  17. ^ Morgan, W. W.; Keenan, P. C. (1973), “Spectral Classification”, Annual Review of Astronomy and Astrophysics 11: 29-50, Bibcode 1973ARA&A..11...29M, doi:10.1146/annurev.aa.11.090173.000333 
  18. ^ a b Josselin, E.; Plez, B. (2007-07), “Atmospheric dynamics and the mass loss process in red supergiant stars”, Astronomy & Astrophysics 469 (2): 671-680, Bibcode 2007A&A...469..671J, doi:10.1051/0004-6361:20066353 
  19. ^ Castro-Carrizo, A.; et al. (2007-04), “Arcsecond-resolution 12CO mapping of the yellow hypergiants IRC +10420 and AFGL 2343”, Astronomy & Astrophysics 465 (2): 457-467, arXiv:astro-ph/0702400, Bibcode 2007A&A...465..457C, doi:10.1051/0004-6361:20066169 

関連項目

外部リンク

座標: 星図 22h 23m 07.0152079533s, +55° 57′ 47.616196874″